ドアの掛けがねをはず

 ベルガラスがにやにやSCOTT 咖啡機評測  しながら桟橋側に姿をあらわし、ダーニクとエランドをすぐうしろにしたがえて手すりによりかかった。「おじいさん?」ガリオンはあぜんとした顔になった。「そこでなにしてるんです? それにダーニク――エランドも?」「じつはおまえのおばさんの思いつきだったのさ」ベルガラスは言った。「ポルおばさんもいるんですか?」「もちろんいるわ」ポルガラが船首の下の天井の低い…

続きを読む