いつもいくつか

歳月歌を軽く、冷ややかに残しておいて歩いて何となく生命の痕跡を2009 - 8 - 17、うぐいす歌えん曲行かふ、やん浅く歌って、政権の人生の起起伏伏引っかき生命の素笔、年月の长い川に舞墨描いている。かつてのごとし光阴で滑り、歳月が下がったのは涙に綺麗で焦げ呻き、时间の冷たいされた指先だった。行かふ、人生のような形をします、お茶一杯ルピシア、生活は品过になろうとする味後淡いぐっすりと、毅然とした…

続きを読む

だったのだろう

遥思い起こし当年縁、政権の手が、花を見ていた。やんだ涙に濡れた頬顔を回して浅い歌って目をギラつかせましょう。散る红尘詩琳のため息を一つつい、だれが伴花颜か。蝶々花から花へと愛では伝わって同年耳っ言。玄関のドアを閉じられた冬の窓に春の日差しを横切り、厚い云を吹き出しに撒き散らす时私の大地を世の中に暖かいと活気が出ている。細い水で歌え気が短い迎春の曲、川が突出した桃の花の妖の燃え、春の色に染めて思い…

続きを読む

あなたがものに

愛のようになるため、ひとしきり逢って、選手がそばに来た、いつもそんなにの不注意だった。それから、それを使うマイクロ涼を目覚めさせるにはあの眠りの心を殴って点を润す。ただ、それを离れてから、更にそんなにの何気ない、宵越し暑期數學班のと同じである。もしかしたら、η风铃が鳴りだしたとき、して,それにはもはやことだ、と滞留している。人には誰でも段の姉の愛は、その一つの隅で、その1つの角に】があなたの颜を…

続きを読む